下痢になると便の量が増えますが、これは便の水分が増えるからです。通常の便に含まれる水分の量は100ml前後ですが、下痢になると倍の200ml以上の水分が含まれます。

便の硬さ 便に含まれる水分量
硬い便 70%以下
普通の便 70%前後
軟便 70~80%
下痢 80%以上
水下痢 90%以上

普通の便でも70%は水分です。水分が90%以上になると、ほぼ水の状態です。ウイルスや細菌に感染した胃腸炎になると、吐き気とともに水下痢になります。

腸には毎日9リットルの水分が入ってくる

腸には毎日9Lもの水分が入ってきます。全てが食事から取り入れたものではなく、唾液や胃液、胆汁なども含まれます。

腸に入ってきた9Lのうち、約95%(8.5L)が小腸で再吸収されます。大腸に運ばれるのは残りの0.5Lですが、これも大半(80%)は大腸で吸収されます。

そして残った0.1Lが便として排泄されます。

腸の吸収能力が落ちていたり、便の進むスピードが早かったりすると、水分が吸収されないまま排泄されるため、下痢になります。

逆に、便の進むスピードが遅いと水分が吸い取られすぎてコロコロの硬い便になったり、便秘になります。

便の水分量が増える理由

便の水分量が増える原因は大きく分けて3つあります。

浸透圧性の下痢

食べたものの中に浸透圧を上げるものがあると、腸壁から水分を吸い取るため、便に含まれる水分量が増えます。

本来であれば腸壁から吸収されるはずの水分を、逆に引き出してしまっている状態です。

牛乳やアルコール、マグネシウム、キシリトールの摂り過ぎで下痢になるのは浸透圧が原因です。

分泌性の下痢

細菌やウイルスに感染すると、腸が炎症を起こし、血液や粘液が分泌されます。これが便と混ざり合い水分量が増えます。

それだけでなく、腸の吸収能力も落ちるため、最初から便に含まれる水分の量も多くなります。

ぜん動運動が活発になる下痢

過敏性腸症候群に見られるのがぜん動運動が活発になるタイプです。

腸の動きが活発になりすぎて便の進むスピードが上がり、水分を吸収する前に肛門に到達してしまうために起こる下痢です。

下痢で脱水症状が起こる

暴飲暴食をしたり、普段から食べる量が多い場合は便の量も増えますが、明らかに下痢や軟便で量が増えている場合、脱水症状に気を付けた方が良いです。

便の量が多い(水分量が多い)ということは、本来吸収されるはずだった水分が体の外に出てしまっているということです。

一過性のものであれば問題ありませんが、胃腸炎などで水下痢が続いている場合、水分を摂取してもそのまま出てしまっている状態ですので、点滴などが必要になることもあります。

たかが下痢と思うかもしれませんが、貧しい国では下痢が死亡の原因になることも珍しくありません。赤ちゃんやお年寄りの下痢には特に注意し、水下痢が続くようなら治療を受けるようにしましょう。

善玉菌を増やして下痢を改善する

慢性的な下痢の主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れによって起きた腸内バランスの悪化です。下痢を改善するには、腸内環境の改善が欠かせません。

乳酸菌は善玉菌のエサになり、悪玉菌を抑制します。普段からストレスを感じていたり、通勤や通学途中でゴロゴロ、トイレを探すのが日課になっているという人は、乳酸菌を始めてみましょう。

乳酸菌は毎日続けないと意味がありません。ヨーグルトを買ってもすぐに食べ忘れてしまったり、買い忘れてしまう人はサプリメントがおすすめです。