牛乳などに含まれる乳糖を分解することができない体質を乳糖不耐症といいます。症状は主に下痢と腹痛で、乳製品を摂取して少しするとお腹がゴロゴロしたり、ぎゅーっと痛くなり、下痢が起こります。

牛乳で下痢をする=乳糖不耐症ではありませんが、乳製品を摂取すると必ず下痢をするというような場合は、乳糖不耐症の可能性が高いです。

特に症状が現れやすいのが牛乳です。チーズやヨーグルトは、乳酸菌によって乳糖がある程度分解されているので、牛乳よりは症状が出にくいですが、それでも人によっては下痢などの症状が現れます。

なぜ乳糖で下痢をするのか

乳糖不耐症は、小腸にある乳糖分解酵素(ラクターゼ)の働きが悪くなるために起こります。

ラクターゼの限界を超えた量の乳糖を摂取してしまうと、分解できなかった乳糖は吸収されないため腸内に残ります。すると、腸管内の浸透圧が上がり、腸壁から水分が分泌され、便が柔らかくなります。

sintouatu_1

先生_2

浸透圧とは、簡単に説明すると水分を引き付ける力のことです。濃度が薄い部分と濃い部分が合った場合、水は濃い部分に移動します。乳糖は浸透圧が高いため、水を引き付けるのです。

分解されずに残った乳糖はそのまま大腸まで運ばれ、腸内細菌によって発酵します。発酵でガスなどに換わり、腸を刺激してぜん動運動が活発化し、下痢を引き起こします。

乳糖不耐症の多くは後天性

乳糖不耐症の多くは後天性のものです。これを二次性乳糖不耐症といいます。

元々人間などの哺乳類は、授乳期を過ぎるとラクターゼの動きは低下します。つまり、誰でも牛乳で下痢しやすい体質になるということです。

特に日本人はラクターゼの量が少ないと言われていて、乳糖不耐症の人の割合も多いです。

さらに、ラクターゼを作る能力は年齢で減少していきます。元々は牛乳を1リットル飲んでも下痢しなかった人でも、数年経つと500mlで下痢をするというように、徐々に限界量が少なくなっていきます。

また、年齢以外にも、ウイルス性の胃腸炎や風邪などの感染症にかかると、乳糖を分解する能力が弱くなります。

乳糖不耐症を治すには

乳糖不耐症になると、「もう一生牛乳が飲めないのか・・・」と悲しくなりますが、乳糖不耐症を改善することは可能です。

  • 毎日少しずつ牛乳を飲む
  • 乳酸菌を摂取する

毎日牛乳を飲む

乳糖を分解する力が弱くなる原因のひとつに、乳糖の摂取量が減ることが挙げられます。授乳期は毎日のように母乳が与えられますが、離乳食に切り替わるとそれもなくなります。

毎日のように摂取していた乳糖を摂取しなくなると、乳糖分解酵素であるラクターゼと腸内細菌が減少し、少しずつ乳糖が分解できなくなります。

弱った力を元に戻すために、毎日少しずつ牛乳を飲むと、乳糖が分解できるようになることがあります。リハビリのイメージです。

ただし、人によってはいくら頑張っても下痢をしてしまうことがあります。その場合、ラクターゼを増やすことは難しいので、次に説明する乳酸菌を試してみてください。

乳酸菌を摂取する

乳酸菌は乳糖を分解することができます。ヨーグルトやチーズは牛乳に比べて下痢しにくいのですが、これはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が乳糖を分解しているからです。

人間の腸も同じで、腸内の乳酸菌量が増えれば乳糖を分解することができます。普段から乳酸菌の摂取量が少ない人や、ストレスや生活習慣の乱れで下痢しがちな人、便秘で腸内環境が乱れている人は、毎日しっかり乳酸菌を摂取することで、牛乳が飲めるようになります。

これを実際に試した実験結果も出ています。

乳糖不耐症の人に毎日一定量の乳酸菌を摂取してもらったところ、1ヶ月足らずで腸内の乳酸菌量が増え、ラクターゼが分泌されるようになり、下痢をしなくなったとのことです。

人物1_喜ぶ

私も乳糖不耐症ですが、毎日乳酸菌を摂っているので牛乳を飲んでもバッチリです!

効果が出るまでに少し時間がかかるので、諦めずに続けましょう!

善玉菌を増やして下痢を改善する

慢性的な下痢の主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れによって起きた腸内バランスの悪化です。下痢を改善するには、腸内環境の改善が欠かせません。

乳酸菌は善玉菌のエサになり、悪玉菌を抑制します。普段からストレスを感じていたり、通勤や通学途中でゴロゴロ、トイレを探すのが日課になっているという人は、乳酸菌を始めてみましょう。

乳酸菌は毎日続けないと意味がありません。ヨーグルトを買ってもすぐに食べ忘れてしまったり、買い忘れてしまう人はサプリメントがおすすめです。