ラーメンは下痢になりやすい食べ物です。特に、脂がたっぷり使われたこってり系のラーメンは下痢を引き起こしやすいです。

最近では家系ラーメンが人気で、毎日のように食べている人も多いと思いますが、腸が弱い人の場合、食べるたびに下痢をすることもあります。

ラーメンで下痢をする原因

  • 添加物
  • 麺の硬さ
  • (食べ過ぎ)

下痢の原因として最も考えられるのが油です。油は消化されにくく、ラーメンに限らず下痢の原因となるケースが非常に多いです。

油は腸に残りやすく、体はそれを排出するために活発的になり、下痢になります。

特に、腸が弱い人は油による刺激で下痢になりやすいです。普段から油っこいもので下痢をしやすい、揚げ物を食べると必ずと言っていいほど下痢をするという場合は、やはり油の影響による下痢が考えられます。

とんこつラーメンだけ下痢をする

ラーメンの種類も影響します。インスタントラーメンやさっぱり系の醤油ラーメン、味噌ラーメンは平気なのに、とんこつラーメンだけはどうしても下痢になってしまう人もいます。

これも油の影響です。とんこつラーメンは背脂がメインとなっていることも多く、他の種類のラーメンに比べ圧倒的にカロリーが高いです。油の量も比較にならないほど沢山入っているので、他のラーメンに比べて下痢になりやすいです。

お店によって症状が変わる

同じとんこつラーメンでも、お店によって症状が変わる場合があります。油たっぷり系のラーメンでも、お店によっては野菜が沢山入っていたり、油の量には違いがあります。

また、その日の食べ方にも左右されます。水を沢山飲むと胃酸が薄まって消化しにくくなり、下痢をしやすくなりますし、スープを飲むか飲まないか、ニンニクの量などによっても変わります。

麺に含まれる添加物が原因の下痢

ラーメンの麺にはかんすいという添加物が使われています。うどんやそばとは違った、麺の色や歯ごたえ、弾力、香り付けは、このかんすいによって生み出されています。

そのかんすいが下痢の原因になることがあります。かんすいは炭酸カリウムや炭酸ナトリウムを混ぜて作られていますが、これらはアルカリ性の物質で、腸への刺激となって下痢を引き起こします。

茹でればアルカリは水に溶け出すのでほとんど害にはならないのですが、茹で時間が足りなかったり、茹でたお湯をそのままスープに使うインスタントラーメンの場合、かんすいも一緒に取り入れてしまうので注意が必要です。

ただし、症状にばらつきがある場合はかんすいの影響は考えにくいです。ラーメンにはほとんど入っているものなので、ラーメンで下痢をする時としない時があるという場合や、カップラーメンは下痢をしないけどお店だと下痢をするなどの場合、やはり油などの影響を考えます。

硬すぎる麺は下痢になる

硬麺好きの人は多いと思いますが、硬すぎる麺は下痢の原因になります。麺類に使われる小麦粉は、水と混ぜて加熱することで消化しやすくなります。

生だったり、冷めたりすると消化のしやすさは著しく低下します。特に生の状態はとても消化が悪く、食べてもほとんど吸収されずに残ってしまいます。それが腸にとって刺激となり、下痢になります。

生の小麦粉はごく少量でも下痢になるので、しっかり茹でるようにしましょう。

  • 粉落とし
  • 湯気通し
  • 針金
  • バリ硬

最近のラーメンはとにかく硬いほうが良いという考えなのか、硬さにも種類があり、ほとんど生の状態で食べる人もいます。

さすがに粉落としや湯気通しで食べる人はあまりいないとは思いますが、これはほとんど生麺なので、腸が強い人でも下痢をします。

善玉菌を増やして下痢を改善する

慢性的な下痢の主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れによって起きた腸内バランスの悪化です。下痢を改善するには、腸内環境の改善が欠かせません。

乳酸菌は善玉菌のエサになり、悪玉菌を抑制します。普段からストレスを感じていたり、通勤や通学途中でゴロゴロ、トイレを探すのが日課になっているという人は、乳酸菌を始めてみましょう。

乳酸菌は毎日続けないと意味がありません。ヨーグルトを買ってもすぐに食べ忘れてしまったり、買い忘れてしまう人はサプリメントがおすすめです。