お腹の調子が悪い時、とりあえず整腸剤を飲んでおくという方も多いと思います。ですが、服用しても思ったような効果が出ず、意味無いんじゃないの?と感じている方も多いでしょう。

整腸剤は、1回飲んだからといってすぐに効果が出るものではありません。数日間飲み続けたり、日常的に飲むことで効果が現れてくるものです。

そもそも整腸剤とは?

整腸剤についてあまり知らない方が多いため、このような誤解が生まれてしまっているのではないでしょうか?

そもそも整腸剤とは、下痢を直接止めるのではなく、腸の調子を整え、その結果、下痢になりにくい環境ができあがるというものです。

整腸剤と言うと特別な薬のように感じますが、含まれている成分の大半が乳酸菌で、残りの成分が、納豆菌などの整腸作用を持つ成分や、胃酸を中和して刺激を抑える成分、乳酸菌の働きを助けたり、その他の善玉菌を増やすための成分です。

つまり、整腸剤というのは、乳酸菌を摂取してお腹の調子を整えるお薬です。サプリメントやヨーグルトから摂取する乳酸菌と同じです。

整腸剤を飲んですぐに効果を期待するということは、下痢の時にヨーグルトを食べてすぐに下痢が止まると言っているのと同じようなことなのです。

飲んですぐに効果が出た

お腹がいたい時や下痢になったとき、整腸剤を飲んですぐに治ったという人がいますが、これは整腸剤の効果というよりも、精神的なものによる効果が考えられます。

  • 整腸剤を飲んだという安心感
  • 過敏性腸症候群による下痢

整腸剤=即効性があると思い込んでいるため、飲んで安心して下痢が治まることがあります。いわゆるプラシーボ効果です。

先生_2

お腹が痛い!→整腸剤を飲まなきゃ→整腸剤を飲んだからもう安心!→下痢が治るというケースは結構多いんです!

また、過敏性腸症候群の場合、1度下痢をすれば症状は収まりますので、整腸剤を飲んでも飲まなくても下痢は止まります。整腸剤を飲んですぐに下痢が止まったと思い込んでいる状態ですね。

どちらも思い込みや勘違いの類ですが、飲まないよりは飲んだほうが良いです。下痢になると腸内環境が乱れますので、整腸剤を服用し、乳酸菌を体に取り入れることで、腸内環境を素早く整えることができます。

整腸剤のメリット

とはいえ、ヨーグルトと整腸剤が全く同じものか?というとそうではありません。

先ほども書きましたが、納豆菌などの他の菌も含まれていますし、乳酸菌のエサになるオリゴ糖なども含まれているため、より乳酸菌が働きやすい環境を作ります。

また、デメリットもありません。乳酸菌はたくさん摂取しても体に害を及ぼすことは無いと考えられており、過剰に摂取してしまった分は全て便に混ざって出てくるので、少しぐらい多めに飲んでしまっても問題ないのです。

むしろ、お腹の調子が悪い時は多めに飲んだほうが良い場合もあります。整腸剤に含まれる乳酸菌はサプリメントなどに比べると量が少ないので、服用する量を増やしても問題ありません。

人によっては2倍の量を飲んだり、1日に飲む回数を増やす場合もあります。

整腸剤に含まれる成分に注意

整腸剤によっては、乳糖を配合している場合があります。乳糖とは、牛乳やヨーグルトで下痢をする原因となる成分です。

牛乳やヨーグルトで下痢をしてしまうのは、乳糖不耐症(牛乳アレルギー)で、乳糖を分解することができないからです。その乳糖が含まれている整腸剤を服用すれば、副作用として下痢が起こってしまいます。

本来は副作用が無い整腸剤ですが、乳糖には十分注意しましょう。

整腸剤の正しい使い方

整腸剤は乳酸菌を摂取する手段のひとつでしかありませんので、乳酸菌を摂取したいのであれば、ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなど、選択肢はたくさんあります。

では、整腸剤はどういう時に使うのが良いのか?という話になりますが、整腸剤は短期的に集中して飲むのに適しています。

  • 食べ過ぎや飲み過ぎで下痢になってしまった
  • 最近ストレスが続いて下痢気味

このような腸内環境が乱れている時に、2~3日飲み続けて腸内環境を元に戻すのが整腸剤のベストな使い方です。

下痢の予防のためや、腸内環境改善のために毎日飲み続けるのにはあまり向いていないと思います。その理由は、

  • 1錠に含まれる菌の量が少ない
  • コスパが悪い

からです。下痢を予防する目的や、腸内環境を整える目的で乳酸菌を摂取したいなら、サプリメントの方が向いています。1錠に含まれる菌の量が多く、1日に摂取する量を考えると、サプリメントの方が安いからです。

整腸剤は、集中して一気に腸内環境を整えるのに適しているので、「何か合った時のために常備しておくもの」と考えるのが良いでしょう。

整腸剤を毎日飲んでも良いのですが、サプリメントに比べると明らかに損をすることが多いです。菌の量が少なく高いので、わざわざ整腸剤を選ぶメリットがあまりないのです。

結局どちらも「乳酸菌を摂取する」という意味では同じですから、毎日飲み続けるならサプリメントの方がおすすめです。

乳酸菌で下痢をするけど整腸剤は平気?

乳酸菌には、副作用は認められていません。乳酸菌で下痢をしたという人の話を聞くと、ほとんどの人が、ヨーグルトや乳酸菌飲料の話をしています。

ヨーグルトや乳酸菌飲料には乳糖が含まれていますので、乳糖不耐症(牛乳アレルギー)の人が食べれば、下痢になってしまいます。つまり、摂取の方法に問題があるのです。

これは乳酸菌のせいではなく、乳糖のせいですので、乳酸菌は関係ありません。ですから、整腸剤のせいで下痢をする可能性はかなり低いです。

善玉菌を増やして下痢を改善する

慢性的な下痢の主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れによって起きた腸内バランスの悪化です。下痢を改善するには、腸内環境の改善が欠かせません。

乳酸菌は善玉菌のエサになり、悪玉菌を抑制します。普段からストレスを感じていたり、通勤や通学途中でゴロゴロ、トイレを探すのが日課になっているという人は、乳酸菌を始めてみましょう。

乳酸菌は毎日続けないと意味がありません。ヨーグルトを買ってもすぐに食べ忘れてしまったり、買い忘れてしまう人はサプリメントがおすすめです。